補助の対象者

以下のどちらかに該当する法人もしくは任意団体が対象となります。(公演等の開催に資金面での責任を持つ者)

・国内の文化芸術関係団体
・国内の文化施設の設置者または運営者

対象となる活動について

(1)または(2)、もしくはその両方が対象となります。
*各自治体の感染ガイドラインに従って行う事業であることが前提となります。
 
(1)充実支援事業

不特定多数の者に公表する公演や展覧会等の活動を行い、チケット収入等を上げることを前提とした積極的な活動で、新しい文化芸術活動のイノベーションを図るとともに、文化芸術活動の持続可能性を強化する取組。

(2)キャンセル料支援事業

キャンセル料支援事業対象地域(2021年1月8日以降に緊急事態措置区域、経過措置及び2021年4月1日以降まん延防止等重点措置区域とされた都道府県)で実施を予定していた公演活動等(キャンセルになった場合の開催しなくても発生してしまった経費)及び動画作成。

補助対象分野

文化芸術基本法第8条から第12条に定める文化芸術分野とします。

補助額について

補助金の額は、1団体あたり最大で2,500万円となります。

・本補助金は、1団体が申請して交付決定されるのは1回のみです。
・公演等の従事人員数、団体規模等を勘案した補助上限区分(600万円、1000万円、1500万円、2000万円、2500万円)があります。

スケジュール

補助事業の実施期間は、交付決定から2021年12月31日までとなります。
ただし、2021年の緊急事態宣言下における活動を支援するために、緊急事態宣言の発令日(2021年1月8日)まで遡りを認めます。

・1次募集
 募集期間:2021年4月26日(月)~2021年5月31日(月)
 交付決定(予定)5月中旬~7月下旬

※2次募集を6月末から開始するとしておりましたが、今後の対応については、上記の1次募集の審査の状況を踏まえて改めてご案内させていただきます。

応募について

解説動画① ARTS for the future!の事業紹介と主な内容
https://youtu.be/d5ceFFLO_Ig
解説動画② ARTS for the future! 申請の手引き
https://youtu.be/d5ceFFLO_Ig